2016/8/27(土)第2回NANA勉強会のご報告

こんにちは!NANA事務局です。
8月も本日で最後ですね。
ここ最近は少し涼しく、秋を感じる陽気になってまいりました。

さてご報告ですが、去る2016年8月27日(土)に【 第2回NANA勉強会】を開催いたしました!

会場は大阪市西区にあるNANA事務局で行いました。
こちらは当協会の前田理事(株式会社ワークロード)の就労継続支援A型事業所として運営されている場所でもあります。

今回の勉強会では、会員企業様とご紹介の非会員企業様合わせて15法人の参加となりました。
目玉の内容は以下の2つ!

①わが社の取り組み

株式会社スマイルベースの佐藤社長にご講演頂きました!
平成27年4月茨木市に「わーくべーす」就労継続支援A型事業所(定員20名)を開設。
佐藤社長は以前より放課後デイサービスを運営されていらっしゃいます。
なぜA型を開設したのか?
それは佐藤社長自ら、障がい児の支援を現場でする中で「この子たちの将来の就労先を作りたい」という想いを強く持たれたからです。

またわーくべーす様において特筆すべき点は、事業(作業)収入の高さです!
製造関係の仕事で、もともと中国の工場で大量生産していた製品を作っているとのこと。
わーくべーす様の売上推移表(平成27年4月~平成28年7月)を参加者様に配布させて頂きましたが、きっと驚かれた方も多いかと思います。

「福祉と製造業」をかけ合わせたそのスタイルは、内職に比べ単価は高いものの苦労も多いとのことで、失敗談もお話いただきました。

今後の目標は、利用者の労働条件の見直し(勤務時間延長や社会保険完備)をしていきたいとのことでした!

後の懇親会の席では「A型で出来ることや可能性は無限にある、だからこそ面白い!」と笑顔で語る佐藤社長が印象的でした。

②グループワーク(バズセッション)

各グループ6~7名でファシリテーターの進行のもと、以下のテーマについてグループディスカッション。

⑴特定求職者雇用開発助成金受給にあたって
⑵最低賃金引き上げの対策

その後、グループごとにまとめを発表して頂きました。
ディスカッションは、もっと時間が欲しいくらい非常に盛り上がりを見せました!

特に特開金については、ハローワークの求人表の出し方や実習の有無、アセスメントをどう行うか、また最賃引き上げについては、事業収入をいかにして上げていくかの切り口でディスカッションさせて頂きました。

今後のA型事業所のあり方を含め、参加者様から沢山のアイデアが出て参考になったのではないかと思います!

そして何より会員様同士が顔を合わせ、情報交換及び共有できたことが非常に有意義だと感じました。

また勉強会後の懇親会では、10法人にご参加頂き、会場近くの「宮がみ屋さん」にて美味しいお料理とお酒を楽しみました!

宮がみ屋さんは元祖カレー鍋屋で有名で、オーナーさんもテレビにもよく出演されていらっしゃいます。

しかも、こちらのオーナーさん。
なんと施設外就労先の受入先としてお店の清掃や開店準備の仕事をA型事業所に委託したり、と福祉的な取り組みも積極的にされていらっしゃいます!

こういった企業様が増えていく様に今後より一層、NANAの活動を促進してまいりたいと思いました。

さて、そんな一般企業様とA型事業所を繋げるべく、

次回、2016年11月4日(金)に一般企業会員様のA型会員様との「ビジネスマッチング交流会」を開催させて頂きます。

詳細は追って会員の皆様にお知らせいたしますので、ご興味ある方は是非ご参加を!!

第2回NANA勉強会

第2回NANA勉強会

第2回NANA勉強会

第2回NANA勉強会

第2回NANA勉強会

第2回NANA勉強会

第2回NANA勉強会

第2回NANA勉強会

第2回NANA勉強会

第2回NANA勉強会

第2回NANA勉強会

第2回NANA勉強会